月光町 フクロウものクラブ
  
 このサイトは、東京都の西多摩地区でのフクロウ類の観察記録をまとめたものです。 
オオコノハズク  コノハズク  フクロウ  アオバズク  コミミズク  鳴き声のページ
  
【更新情報】 フクロウ、コノハズク、アオバズクの鳴き声を追加中
  
 本サイトの写真について
写真の撮影地は全て東京都の西多摩地区です。
写真は記録用として割り切って撮影しているので、写真の質は低いです。
トップページの壁紙写真のみ画像を加工しています。
  
  
 本サイトの音声について
音声も記録用として割り切って録音しているので、
ノイズ(主に川や沢の音)が多くて聞き苦しいかもしれません。
加工は、ローカットフィルター、フェードイン・フェードアウトのみです。
  
  
 本サイトは「サントリー世界愛鳥基金」の
2012年度「地域愛鳥活動助成」を受けて作成しました。
   
サイト管理者メール
ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  参考 文献 ↓ 下へ
 
        
       
        
 
参考文献 
金子紀子. 1996. アオバズクの繁殖に影響する人間の行動. BINOS 3:9-15.
笠井湧二. 2006. 仏法僧の不思議 .幻冬舎ルネッサンス, 東京.
King, B. 2002. Species limits in the Brown Boobook Ninox scutula complex. Bulletin of the British Ornithologists' Club 122: 250-257.
König, C. & Weick, F. 2008. Owls of the World. Second Edition. Christopher Helm, London.
Lin WL et al. 2013. Genetic differentiation between migratory and sedentary populations of the Northern Boobook (Ninox japonica), with the discovery of a novel cryptic sedentary lineage. J. Ornithol. 154:987?94.
Loss, S. R. et al. 2013. The impact of free-ranging domestic cats on wildlife of the United States. Nature Communications. Jan. 29, 2013.
松井保. 1993. コノハズクの研究-鳥と人の自然誌-. 鳳来寺山の自然誌. 鳳来町立鳳来寺山自然科学博物館, 愛知.
籾山徳太郎. 1931. 鹿野氏「紅頭嶼産鳥類目録」中の1-2の学名訂正. アミーバ 3:66-68.
中村登流・中村雅彦. 1995. 原色日本野鳥生態図鑑 <陸鳥編>. 保育社, 大阪.
Oba, T. 1996. Vocal repertoire of the Japanese brown hawk owl Ninox scutulata japonica with special notes on its natural hitosry.NHR, Special Issue 2:1-64.
岡董高・渡辺安之.1976. 多摩の野鳥と野草. 武蔵野郷土史研究会, 東京.
責栴市観光協会. 2008. 仏法僧と探鳥のつどい60年.責栴市観光協会, 東京.
大沢八州男 ほか. 2001. 梟. 文一総合出版, 東京.
Proud, D. 1979. Some Note on the Birds of the Nepal Valley. Journal, Bombay Natural Soc. 58:695-719.
Sadanandan, K. R.et al. 2015. DNA reveals long-distance partial migratory behavior in a cryptic owl lineage. Avian Res. 6:25.vian Res (2015) 6:25
東京都環境局. 2013. レッドデータブック東京2013. 東京都環境局自然環境部. 東京. 
山口孝. 2011. 東京都青栴市におけるアオバズクNinox scutulata の生息及び繁殖状況. Strix 27, 129-133, 
山口孝 ほか. 2009. 東京都内の多摩川源流部におけるコノハズクの観察記録. 青栴自然誌研究グループ会報 4: 6. 
 
 その他、サイト中でリンクを張った文献など、多くの文献を参考にしました。
 
ページトップへ
ホーム
 
多摩クマタカ生態調査チームHPへ